楽天市場「キャンティ・クラッシコ」
楽天市場「山崎ワイナリー」
楽天市場「オレゴンワイン」
------
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」

- Good Quality -

2011 La Bora di Kante Chardonnay
Azienda Agricola Kante生産者ワインリスト

La Bora di Kante Chardonnay

トリエステ近郊のカルソを代表する偉大な生産者であり、奇才、カリスマとも称されるのが「エディ・カンテ」。このラ・ボーラ・ディ・カンテに関しては、これまでに2001年、2005年、2006年、2008年しか造られておらず、この2011年が5度目のヴィンテージとなっています。

カルソのテロワールとカンテのビジョンを真摯に感じる硬質感、その明確な輪郭を表層に有し、内部には葡萄の持つ本質的なエネルギーが緻密に折り重なり、遺憾無く秀でた世界観が素直に広がります。果実要素の緻密さは感じられるものの、立ち振る舞いそのものはいたって軽妙で、レモン、グレープフルーツ、仄かな桃と、硬質感と相まった琥珀(飴)のような控えめな果実感が印象的です。ポテンシャル要素と今飲んで美味しく楽しめる要素、その両方を程よく折衷している容易な印象でもあり、その世界観や構成要素は、同じセレツィオーネのソーヴィニヨンと類似する内容となっています。石を舐めたような仄かな苦味や塩味、そしてやや薄めながらも堅牢な外殻、これらは従来のカンテの延長線上にありますが、そこに現代的な指向性を伴う「親近感ある果実味」が加わっているのが以前のヴィンテージとは異なる点で、セレツィオーネのソーヴィニヨンと同様に一体感や訴求力は若干控えめですが、仮にこの変化が市場の要求に対する歩み寄りだとすれば、今後のヴィンテージでさらなる成長と進化が期待出来るとも言えるので、より前向きに受け取ってその歩みを実直に享受したいところではあります。
(2018/03)

参考市場価格:3,996円~5,370円(平均約4,470円)
点数評価:96(W)

ホーム > イタリア > フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア > ラ・ボーラ・ディ・カンテ シャルドネ
Home > Italy > Friuli-Venezia Giulia > La Bora di Kante Chardonnay