楽天市場「ジローラモ・ルッソ」
楽天市場「グラーチ」
楽天市場「パウエル&サン」
------
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
特別特集「モレ・サン・ドニ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」

- Very Good Quality -

2011 Origine
Vodopivec生産者ワインリスト

Vitovska

カルソのテロワールを強く感じさせるワイン造りを意識し、1本1本の葡萄の樹を非常に大切にしているのが、1972年生まれというパオロ・ヴォドピーヴェッツ。彼は2011年ヴィンテージから4種類のヴィトフスカを手がけていますが、これまで「クラッシカ」と言う名前でリリースされていたこの「オリージネ」は、醸造時にアンフォラを一切使用せず、スラヴォニアンオークの大樽で2週間半の発酵と36ヶ月の熟成を行っています。

スタンダードのヴィトフスカと同様にやや鮮やかな色調ですが、相対的にはやや濃い目の黄金色となっていて、葡萄の持つエネルギーがよりしっかりと表出している傾向にあります。コッリオの著名生産者のスキンコンタクト系ワインにやや近い雰囲気を持っていはいますが、ベースとなるのはあくまでも「ヴォドピーヴェッツらしいピュアな果実感」と「カルソらしい硬質な堅牢性」で、後味には張りのあるヒリヒリとした緊張感が広がるものの、ヴィトフスカ特有の素直な表情と流麗な資質が非常に心地よい世界観を生み出しています。スタンダードのヴィトフスカよりも個性がはっきりしているので、多少アタックが強めに出ている傾向にあり、凝縮した果実の魅力やヨードを感じるハーブのニュアンスが、石材で構築されたような凛とした土台の上でしっかりとした輝きを放っているのが印象的です。

内包する要素がより明確と言うこともあってか、抜栓日から多大な魅力が広がる傾向にあり、逆に時間の経過とともにポテンシャル系の厳格さや質実な表情が増す傾向にあります。最初はコッリオに相通じる魅力が広がり、そして時間とともにカルソらしい魅力が増大する懐の広い世界観と言えるかもしれません。
(2018/04)

参考市場価格:6,480円~8,100円(平均約7,047円)
点数評価:--

ホーム > イタリア > フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア > オリージネ
Home > Italy > Friuli-Venezia Giulia > Origine