楽天市場「ジュヴレ・シャンベルタン」
楽天市場「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ」
楽天市場「ドゥエマーニ」
------
ジュヴレ・シャンベルタン
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
進化と発展を続ける「日本ワイン」
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」
樽使いの魔術師「ヴィルマール」
ワシントンの雄「Kヴィントナーズ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
偉大なる王のワイン「バローロ」
完全なるテロワールの表現「ジャクソン」

- Good Quality -

2012 Gevrey-Chambertin 1er Cru La Perrière
Philippe Pacalet生産者ワインリスト

Gevrey-Chambertin 1er Cru La Perrière

グラン・クリュの「マジ・シャンベルタン」の東隣にある、プルミエ・クリュのクリマがこの「ラ・ペリエール」。「石切り場」がその名前の由来となっています。

パカレらしいキュッと詰まった赤系果実の旨味と甘みが心地よく、端正で凛とした要素を纏いつつも、全体としては優しくゆったりとした表情になっているのが印象的です。ある意味、ボディが控えめでフィネスを感じると言うクリマのスタイルがそのまま反映されているとも言えますが、それでも全体的にこぢんまりとした印象が強く、その小ぶりなサイズ感はあまりプルミエ・クリュらしくない印象でもあります。また、やや古ぼけた樽や酸のニュアンスが感じられる点も若干気になります。

翌日に持ち越すと一気に求心力が増し、パカレの持つ美点が生かされた魅力ある表情にスポットが当たるようになりますが、それでも果実の魅力に反し、全体的な小ぶり感や想像以上の熟成感など(単なる熟成感ではなく、熟成のペースが通常よりも早く進んだかのような不思議な雰囲気)、内包する弱めの要素もまた健在なので、もしかすると自然派ならではの「ボトル差」が原因なのかもしれません。今回試飲したボトルに限った状態かもしれませんが、それでもコアにある果実の魅力や訴求力は非常に高いので、全ての要素が健全に噛み合った場合はかなり高い満足感が得られそうな印象です。
(2017/10)

参考市場価格:10,368円~17,280円(平均約11,803円)
点数評価:91+/93(RWG)

ホーム > フランス > ブルゴーニュ > コート・ド・ニュイ > ジュヴレ・シャンベルタン > ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ ラ・ペリエール
Home > France > Bourgogne > Cote de Nuits > Gevrey-Chambertin > Gevrey-Chambertin 1er Cru La Perrière