楽天市場「グレイス」
楽天市場「サトウ・ワインズ」
楽天市場「サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ」
------
進化と発展を続ける「日本ワイン」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」
樽使いの魔術師「ヴィルマール」
ワシントンの雄「Kヴィントナーズ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」

- Good Quality -

2009 Terra di Lavoro
Galardi S.r.l.生産者ワインリスト

Terra di Lavoro

僅か数年でカンパーニャ、いやイタリアを代表するまでに躍進した「テッラ・ディ・ラヴォーロ」。ファースト・ヴィンテージは1994年。もともとは建築家の「アルトゥーロ・チェレンターノ」の妻ドーラの祖父が所有していた土地で、家族ぐるみの仲という「リッカルド・コタレッラ」の助言によって本格的なワイン造りを開始したようです。コタレッラといえば「メルロー」のイメージがありますが、このワインは「アリアニコ」に「ピエディロッソ」と、完全に土着品種のみで造られます。

年々スタイルに変化と進化が見られるテッラ・ディ・ラヴォーロですが、残念ながら今回の1本はブショネでした。とはいえ、軽度〜中度のブショネだったので、全体像やポテンシャルに関してはある程度判断可能でした。ただ、その点を差し引いても、以前の超絶的な世界観はかなり影を潜め、いたって現実的なスタイルとなっているのが良くも悪くも印象的です。前年の2008年は従来のテッラ・ディ・ラヴォーロらしいスタイルへの回帰が見られましたが、2009年はより軽快で涼しさを感じる温度感があり、その全容についても簡単に見渡せてしまうような、箱庭的なある種のこぢんまりとした世界観になっています。

パワー要素は控えめですが、その反面、南のワインとは思えない綺麗さやエレガントさがあり、当初はやや硬さや青さが先行するものの(どことなくカベルネ系っぽい雰囲気も)、翌日に持ち越すぐらいじっくり時間をかけて向き合うと、本質的な訴求力や心地よい魅力など、すっと浸透してくるようなナチュラルな美点が随所に垣間見れます。ある意味、難解さがなくなったので、より万人向けな指向性と言えるかもしれません。
(2014/11)

参考市場価格:7,938円~9,504円(平均約8,460円)
点数評価:93(WA)、92(WS)

ホーム > イタリア > カンパーニャ > テッラ・ディ・ラヴォーロ
Home > Italy > Campania > Terra di Lavoro