楽天市場「グレイス」
楽天市場「サトウ・ワインズ」
楽天市場「サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ」
------
進化と発展を続ける「日本ワイン」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」
樽使いの魔術師「ヴィルマール」
ワシントンの雄「Kヴィントナーズ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」

- Good Quality -

2010 Santa Ynez Valley Pinot Noir Sanford & Benedict Vineyard Santa Barbara Historic Vineyards Collection
Au Bon Climat Winery生産者ワインリスト

Santa Ynez Valley Pinot Noir Sanford & Benedict Vineyard Santa Barbara Historic Vineyards Collection

体躯そのものの質感がかなり鈍く軟質で、そのとりとめのなさ、焦点のハッキリしない様、全体を通してのちぐはぐ感がかなり目立ちます。当初は状態が悪いのかとも思いましたが、各要素のエネルギーは十分で、オー・ボン・クリマらしい果実の充実感や仄旨味も健在であり、また兼ね備えたその資質は概ね良質なので、おそらく本質的にこういうスタイルなのだと思います。

やや収斂気味でバランスに多少難がある印象ではありますが、果実の充実度はしっかりしているので、焦らずにじっくりと向き合う方が無難かもしれません。抜栓日〜抜栓翌日ではまだまだ良質な世界観が組み上がる気配もありませんが、抜栓3日目ともなると、さすがに鈍く緩かった体躯資質がそぎ落ち始め、程よい旨味と果実味に収斂した柑橘系の酸と苦みが加わり、適度なアクセントとなってそれなりの良さを垣間見せてくれます。

これまでのオー・ボン・クリマの中では最もバランスが悪く、かつネガティブな傾向にありますが、各ピースがまったく組合わさっていないことが大きな原因でもあるので、今後の瓶熟成によっては大きく化ける可能性もあります。ただし、その期待を持ち続けるだけの価値があるのかかどうかは不明なので、あまり大きな期待を持たない方が無難です。
(2014/09)

参考市場価格:5,400円〜7,350円(平均約6,066円)
点数評価:--

ホーム > アメリカ > カリフォルニア > サンタ・イネズ・ヴァレー ピノ・ノワール サンフォード&ベネディクト・ヴィンヤード サンタ・バーバラ・ヒストリック・ヴィンヤーズ・コレクション
Home > U.S.A. > California >Santa Ynez Valley Pinot Noir Sanford & Benedict Vineyard Santa Barbara Historic Vineyards Collection