楽天市場「ジローラモ・ルッソ」
楽天市場「グラーチ」
楽天市場「パウエル&サン」
------
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
特別特集「モレ・サン・ドニ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」

- Good Quality -

2008 The Eyrie Vineyards Pinot Noir
The Eyrie Vineyards

The Eyrie Vineyards Pinot Noir

オレゴンで最も歴史の古いワイナリー「ジ・アイリー・ヴィンヤーズ」が手掛ける、ピノ・ノワールのバックヴィンテージです。

当初はやや固く素っ気なかったかもしれませんが、数年間の熟成によって、シックな佇まいと奇麗な纏まり感を兼ね備えた誠実な熟成ピノへと進化しています。決して派手さはないものの、カチッとした輪郭に程よいミネラルや仄かな旨味などが感じられ、良質なジュヴレ・シャンベルタンのような、ブルゴーニュらしい指向性が沸々と湧き出ています。

ポテンシャルが十分に発揮されている状態で、まさに今飲むことで存分にその良さが実感出来ると思います。翌日に持ち越すとややピークを越えてなだらかに下降線を辿る傾向にありましたが、それでもボディラインが崩れるような事はなく、内包する各要素のバランス感が変化する程度にとどまっていたので、特に大きな問題にはならないと思います。ピークバランスは抜栓日にあったので、逆に言えばその日のうちに飲みきってしまえる、飲み頃を迎えた良質なピノだと言えそうです。

カリフォルニアのような果実味全開といった系譜ではないだけに、その質実さと素直な魅力は、ブルゴーニュのピノ派な人にとって、更なる驚きと喜びを持って迎えられそうな印象があります。自然な立ち振る舞いから来る滋味系の良さは非常に良質な世界観だと言えるので、ぜひ多くの人にオレゴン・ピノの良さを体感してもらいたいところです。
(2013/12)

参考市場価格:5,292円~5,880円(平均約5,505円)
点数評価:--

ホーム > アメリカ > オレゴン > ジ・アイリー・ヴィンヤーズ ピノ・ノワール
Home > U.S.A. > Oregon > The Eyrie Vineyards Pinot Noir