楽天市場「大沢ワインズ」
楽天市場「ヴォドピーヴェッツ」
楽天市場「ジダリッチ」
------
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
特別特集「モレ・サン・ドニ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」
樽使いの魔術師「ヴィルマール」

- Recommended -

2009 L'Effronté Moelleux
Thierry et Pascale Matrot

L'Effronté Moelleux

ティエリーとパスカル夫妻が手掛ける、ムルソーの老舗ドメーヌ「マトロ」。そんなマトロによる「遅摘のアリゴテで造られる甘口ワイン」が、「生意気」という意味となるこの「レフロンテ」。アリゴテの甘口ワインなど、これまで聞いた事もありませんでしたが、意外や意外、受けるイメージとは異なり、実際の中身に関してはいたって質実で良質な仕上がりとなっています。

モワルーと表記されていますが、実際の残糖は100gほどあるようで(ヴィンテージによって差があり、2007年は79gだったようです)、かなり豊かな蜜系の甘味が感じられます。また、その甘味に負けないだけの酸があり、ミッドからハイトーンにかけて程よいアクセントになっています。フィニッシュは短めでスッと切れますが、ダレのないキレこそが酸の持つ魅力でもあるので、総じてポジティブな印象を受けます。遅摘由来しっかりした甘味だけでなく、貴腐菌による多様性ある表情も適度に感じられ、非常に魅力ある個性と表情を披露してくれます。

コアの塊感や充足感等、さすがはムルソーの老舗の造り手といった印象でもあり、良質な白ワインの持つ要素が随所に垣間みれます。アリゴテの甘口という独特の存在感からして、かなりマニア受けしそうなアイテムではありますが、逆に一般向けとして飲んでもらいたい素直な良さを内包しているので、希少性と価格帯の両側面をクリア出来るようであれば、是非試してみてもらいたいところです。
(2013/12)

参考市場価格:3,990円~4,500円(375ml)
点数評価:--

ホーム > フランス > ヴァン・ド・ターブル > レフロンテ モワルー
Home > France > Vin de Table > L'Effronté Moelleux