楽天市場「大沢ワインズ」
楽天市場「ヴォドピーヴェッツ」
楽天市場「ジダリッチ」
------
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
特別特集「モレ・サン・ドニ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」
樽使いの魔術師「ヴィルマール」

- Good Quality -

2008 Santa Barbara County Chardonnay
Au Bon Climat Winery生産者ワインリスト

Santa Barbara County Chardonnay

まず見た目からして「三角形ラベル」が印象的な「オー・ボン・クリマ」のワイン。この「サンタ・バーバラ・カウンティ」は、最も手頃な価格帯に位置するアイテムとなっており、ある意味「白(シャルドネ)」におけるABCスタンダードと言える存在かもしれません。

カリフォルニアの好天が伺い知れるしっかりとした果実感が印象的ですが、明確な果実の甘味だけで勝負するようなスタイルではなく、それに見合った酸や流麗さのある質感、そして重くなりすぎない適度な体躯レベルと、全体的には十分バランスがとれた仕上がりとなっています。同じサンタ・バーバラのピノ・ノワールほどはブルゴーニュ性を感じませんが、それでも濃厚濃密系のシャルドネとは一線を画す表情を持っているので、基本路線の「ごく日常的な和食とはやや合わせ難い」という指向性さえクリアすれば(うまくマリアージュを工夫すれば)、総じて価格以上の満足感が得られると思います。

相対的に受ける印象として、抜栓日はカリフォルニアらしい果実力がやや主体となっていますが、2日目、3日目と、時間が経過するごとにコアの資質の方に視点が移っていく傾向にあったので、このあたりの性質と各々の嗜好に合わせてサーヴを工夫すれば良いと思います。よりも多少熟成させた方が良い結果が得られそうな印象もありますが、それでも抜栓直後から魅力が全開になるのは確かなので、あまり肩肘張らず素直に楽しんでやるというのが無難なところなのかもしれません(所謂多くの人に楽しんでもらえそうな美味しいワイン)。
(2010/01)

参考市場価格:2,180円~3,255円(平均約2,442円)
点数評価:--

ホーム > アメリカ > カリフォルニア > サンタ・バーバラ・カウンティ シャルドネ
Home > U.S.A. > California > Santa Barbara County Chardonnay