楽天市場「キャンティ・クラッシコ」
楽天市場「山崎ワイナリー」
楽天市場「オレゴンワイン」
------
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」

- Good Quality -

2015 Pinot Noir Blue Label
Yamazaki Winery生産者ワインリスト

Pinot Noir Blue Label

山﨑ワイナリーのピノ・ノワールは「黒ラベル」「青ラベル」「プライベート・リザーブ」の3種類造られていますが、今回試飲した青ラベルは、砂とシルト岩の土壌で構成された区画で栽培され、醸造では全房と除梗の両方を使用し、野生酵母で時間をかけて発酵後、樽熟成を行うというのが基本スタイルとなります。

世界観や表情、有する基本的な資質は黒ラベルと同様で、清涼感と明確な酸、そして程よい硬質感が主体となっています。ただし、青ラベルはコアそのものがより重層的で複雑味もあり、角の取れたボディの資質も加わって、全体を通してより穏やかで落ち着いた印象を受けます。含有する酸はかなり多いものの、相対的なバランス加減によってボリュームと複雑味の方にスポットが当たっているので、冷涼産地らしいハイトーン系の要素は黒ラベルよりも落ち着き、やや向き合いやすくなっている印象でもあります。

総ポテンシャルとしてはも青もほぼ同様の水準にありますが、両者を比較すると青ラベルの方がより表情豊かで緻密な傾向にあり、穏やかな分だけ飲みやすい印象でもあるので、もしどちらか1本だけを選ぶとすれば青ラベルの方がお勧めしやすいかもしれません(ポテンシャルの差ではなくあくまでもスタイルの差)。
(2018/07)

参考市場価格:3,240円〜3,510円
点数評価:--

ホーム > 日本 > 北海道 > ピノ・ノワール 青
Home > Japan > Hokkaido > Pinot Noir Blue Label