楽天市場「キムラ・セラーズ」
楽天市場「山崎ワイナリー」
楽天市場「クスダ・ワインズ」
------
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
進化と発展を続ける「日本ワイン」
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」
樽使いの魔術師「ヴィルマール」
ワシントンの雄「Kヴィントナーズ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
偉大なる王のワイン「バローロ」
完全なるテロワールの表現「ジャクソン」
特別特集「バローネ・リカーゾリ」
特別特集「フェルトン・ロード」

- Very Good Quality -

N.V.(2014) Roses de Jeanne Côte de Val Vilaine
Cédric Bouchard

Roses de Jeanne Côte de Val Vilaine

シャンパーニュの主要エリアでもある「マルヌ」からは南東に外れた、近年注目が高まる産地「コート・デ・バール(セル・シュール・ウルス)」。この地で、少量生産のオートクチュールシャンパーニュ「ローズ・ド・ジャンヌ」を手がけるのが、若き天才「セドリック・ブシャール」。シャンパーニュとしては非常に珍しく、「単一区画」「単一品種」「単一ヴィンテージ」にこだわり、限られたアイテムのみをリリースしています。

セドリック・ブシャールのシャンパーニュは、父が所有する畑から造る「アンフロレッサンス」と、自身が所有する畑から造る「ローズ・ド・ジャンヌ」の2つのラインがあり、今回の「コート・ド・ヴァル・ヴィレーヌ」は、自身の畑の区画のものになります(父が所有する同じリュー・ディからも造っている)。一般的な観点からはかなり高価ですが、それでもローズ・ド・ジャンヌの中では最も手軽な価格帯にあり、表向きはノン・ヴィンテージとなっているものの、裏ラベルに表記された「V14」の記載から、中身はブシャールのこだわり通り2014年の単一ミレジメだと言うことがわかります。

コート・デ・バールは良質なピノ・ノワールの産地として知られていますが、地層としてはシャブリと同じキンメリッジアン土壌ということもあり(モングーを除く)、マルヌよりは豊かな果実味が感じられるものの、同時にキッチリとした輪郭や外郭も感じられます。ピノ・ノワール100%で造られるブラン・ド・ノワールではありますが、色調は淡くブラン・ド・ブランのようでもあり、凝縮感はあるものの、一般的なピノ主体シャンパーニュのような重さは一切感じられません。一口目から驚くのが、その鮮明かつ明瞭な表層の質感。目が醒めるかのようなメリハリある表情が広がり、物腰自体は柔らかいものの、その姿には不思議と品位や格調を感じる仕上がりになっています。果実そのもののしっかりとした土台がまずあり、その上に整った表層とステンレスタンのみで造るクリーンさが加味され、それによって程よい冷涼感を持つ軽快かつ硬質な姿が際立つ、と言ったところでもあります。
(2017/08)

参考市場価格:8,910円〜9,223円(平均約9,106円)
点数評価:93(VAG)、92(WA)

ホーム > フランス > シャンパーニュ > ローズ・ド・ジャンヌ コート・ド・ヴァル・ヴィレーヌ
Home > France > Champagne > Roses de Jeanne Côte de Val Vilaine