楽天市場「ジローラモ・ルッソ」
楽天市場「グラーチ」
楽天市場「パウエル&サン」
------
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
特別特集「モレ・サン・ドニ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」

- Recommended -

2012 Felton Road Central Otago Riesling Bannockburn
Felton Road Wines Ltd生産者ワインリスト

Felton Road Central Otago Riesling Bannockburn

ニュージーランド最南端のワイン産地「セントラル・オタゴ」を代表する生産者であり、かつ、ニュージーランドのトップ5に数えられる一流生産者でもあるのが「フェルトン・ロード」。

バノックバーンのリースリングは、カルヴァート・ヴィンヤードとエルムズ・ヴィンヤードのブレンドで造られています。2012年の残糖は1リットルあたり64gで、数値だけを見るとかなり甘そうな印象を受けると思いますが、実際にはかなり酸がしっかりとしていることもあり、相対的にはそれほど甘みを強く感じることはありません。全体的には、アタックにより甘みを感じる傾向にあり、洋梨やライチなどのトロピカル系のニュアンスと、どことなくアイスワイン系にも通じるような高密度の糖質が感じられます。ただし、ミッドからアフターにかけて酸が全体をタイトに引き締める傾向にあり、感じる余韻としてはドライな傾向にあるので、トータルで捉えると非常に飲みやすい表情を持った、万人受けしやすい程よい甘みのリースリングといった印象を受けます(アルコールも8.5%と低いので非常に親しみやい)。

翌2013年ヴィンテージは、残糖が56g/l、アルコール9.5%と数値的には多少変化がありますが、実際に試飲した際の全体像としては大きな差はないので、ヴィンテージに関わらずお薦めできるNZリースリングだと言えそうです。
(2016/09)

参考市場価格:4,179円
点数評価:95(BC)、92(WF)、91(JS)、90(WA)、89(IWC)

ホーム > ニュージーランド > フェルトン・ロード リースリング バノックバーン
Home > New Zealand >Felton Road Central Otago Riesling Bannockburn