楽天市場「ジュヴレ・シャンベルタン」
楽天市場「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ」
楽天市場「ドゥエマーニ」
------
ジュヴレ・シャンベルタン
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
進化と発展を続ける「日本ワイン」
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」
樽使いの魔術師「ヴィルマール」
ワシントンの雄「Kヴィントナーズ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
偉大なる王のワイン「バローロ」
完全なるテロワールの表現「ジャクソン」

- Good Quality -

2010 Chablis Grand Cru Les Preuses
Caves Jean et Sébastien Dauvissat

Chablis Grand Cru Les Preuses

シャブリを代表する偉大な生産者といえば「ヴァンサン・ドーヴィサ」が有名ですが、「セバスチャン・ドーヴィサ」とは、ともに先代が従兄弟同士という間柄で、こちらのセバスチャンは、基本的には樽を使わずタンク主体で造るため、そのスタイルはヴァンサンとは異なるものとなっています。ただし、樹齢約60年のグラン・クリュ「レ・プルーズ」については、タンクではなく樽が使用されています。

「石ころだらけの道」という意味となる「ピエルーズ」が、時とともに変化し「プルーズ」になったとされますが、シャブリのグラン・クリュの中ではやや格下とされるクリマで、相対的に軽快で飲み頃も早めに訪れると言われています。

同じヴィンテージのヴァイヨンと比較すると、色調がより濃く、体躯の厚み、一層のボリューム感が感じられます。しっかりとした酸も印象的で、レモン系の風味にミネラル系の苦味、そして酸化熟成系の風味が仄かに後味に残ります。ヴァイヨンにも似た樽系要素が感じられますが、目立った主張はないので、全体的にはうまく馴染んでいる傾向にあります。あえて焼きが強い樽を使うのが特徴ですが、樽由来のトースト風味は全く気にならないので、セバスチャンが言う「シャブリのミネラル感を表現するには焼きが強い方が良い(焼きが浅いと逆にバターっぽくなる)」というのも、あながち間違ってはいなのかもしれません。
(2016/08)

参考市場価格:7,128円〜7,776円(平均約7,614円)
点数評価:92-94(WA)、93(IWC)

ホーム > フランス > ブルゴーニュ > シャブリ > シャブリ グラン・クリュ レ・プルーズ
Home > France > Bourgogne > Chablis > Chablis Grand Cru Les Preuses