楽天市場「大沢ワインズ」
楽天市場「ヴォドピーヴェッツ」
楽天市場「ジダリッチ」
------
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
特別特集「モレ・サン・ドニ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」
樽使いの魔術師「ヴィルマール」

- Good Quality -

2011 Pouilly-Fumé Par Emmanuelle Mellot
Alphonse Mellot生産者ワインリスト

Pouilly-Fumé Par Emmanuelle Mellot

アルフォンス・メロといえば「サンセールの素晴らしい生産者」というイメージが強いものの、実は少量のみプイィ・フュメも手掛けています(年産1万5千本程度)。アルフォンス・メロ(シニア)の愛娘の名前「エマニュエル・メロ」の名を感したプイィ・フュメは、樹齢45年のフュメ・ブラン(ソーヴィニヨン・ブラン)で造られています(栽培はビオディナミ)。

抜栓直後はやや酸化熟成系の風味が気になりますが(新樽熟成は全体の20%)、想像以上にしっかりと熟した果実味やミネラルがベースにあるので、抜栓後にある程度時間を与えてやればそれほど大きな問題にはならないと思います(現状では抜栓翌日の方が明らかに一体感が増す傾向にあり)。ソーヴィニヨン・ブランらしい爽快さ、緑系の春風の風味が心地良く、適度な体躯のシャープさに、熟した豊かな果実味、そしてどことなくシークヮーサーを思わせるような柑橘風味など、一般的なロワールのイメージとは対照的に、非常に充実感ある内容に仕上がっています。

アルフォンス・メロらしい良質な仕上がりで、現実的に楽しめる魅力あるプイィ・フュメだと言えますが、その美味しさを勝ち取るために構造体の堅牢さやシャープさを若干犠牲にしている部分もあるので(許容範囲ではありますが)、時間の経過や温度の上昇に伴い、僅かながら弛みや緊張感が解ける瞬間があります。とはいえ、クオリティそのものは十分評価出来るレベルにあり、さらに価格帯を考えると非常によく出来たプイィ・フュメだとも言えるので、アルフォンス・メロの世界観を堪能するための導入アイテムとしてはちょうど良いスタンスだと言えそうです。
(2014/05)

参考市場価格:2,079円〜3,600円
点数評価:--

ホーム > フランス > ロワール > プイィ・フュメ パー・エマニュエル・メロ
Home > France > Loire > Pouilly-Fumé Par Emmanuelle Mellot