楽天市場「キャンティ・クラッシコ」
楽天市場「山崎ワイナリー」
楽天市場「オレゴンワイン」
------
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」

- Recommended -

2011 Santa Barbara County Pinot Noir
Au Bon Climat Winery生産者ワインリスト

Santa Barbara County Pinot Noir

まず見た目からして「三角形ラベル」が印象的な「オー・ボン・クリマ」のワイン。この「サンタ・バーバラ・カウンティ」は、最も手頃な価格帯に位置するアイテムとなっており、ある意味「赤(ピノ・ノワール)」におけるABCスタンダードと言える存在かもしれません。

以前試飲した2009年と比較すると、もはや別物といえる程のポジティブな世界観が広がり、どことなく小振りで大人しいイザベルといった様相を呈しています(同じ指向性の延長線上に両者が存在する印象)。充実した熟した果実感は健在ですが、このレンジらしい現実的な甘味ということもあり、日常的に楽しみたいワインとしてはむしろこれぐらいに抑えられている方が良好な傾向にあります。各構成要素はイザベル準拠とも言え、柑橘系の渋皮を彷彿とさせるほろ苦さが体躯内部に一本通っている事で、全体をグッと引き締めています。

翌日に持ち越すと陽的な要素が減衰するので分かりやすい美味しさはやや控えめになりますが、それでもベースの質実さが露になるので、これはこれでまた別の表情としてポジティブに捉える事が可能です。いたってシンプルでに纏め上げてはいるものの、そう仕上げること自体が「言うは易し行うは難し」という現実も確かにあるので、全体としてのパッケージングの観点からすると、これまでで最も好印象のサンタ・バーバラ・カウンティと言えるかもしれません。
(2014/03)

参考市場価格:1,995円~2,780円(平均約2,323円)
点数評価:--

ホーム > アメリカ > カリフォルニア > サンタ・バーバラ・カウンティ ピノ・ノワール
Home > U.S.A. > California > Santa Barbara County Pinot Noir