楽天市場「キャンティ・クラッシコ」
楽天市場「山崎ワイナリー」
楽天市場「オレゴンワイン」
------
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」

- Recommended -

2009 Santa Barbara County Pinot Noir Los Alamos Vineyard Cuvée V
Au Bon Climat Winery生産者ワインリスト

Santa Barbara County Pinot Noir Los Alamos Vineyard Cuvée V

オー・ボン・クリマの原点とも言える「ロス・アラモス・ヴィンヤード(95%)」と、「ル・ボン・クリマ・ヴィンヤード(5%)」をブレンドした、「ヒストリカル・コレクション」と呼ばれるアイテムがこの「キュヴェ V」となっています。基本的にはカレラキュヴェ Vと同じで、インポーターのヴィノラムによるプライベートブランドというカテゴリーに位置しています(他にもアンペリデやアルフォンス・メロにもキュヴェ Vを造ってもらっている)。

前年の2008年の試飲時よりも1年瓶熟期間を長くとった効果もあるのかもしれませんが、若さから来る固さは感じられず、エスポワールのような華奢さや収斂感もないので、より充実した要素を具に享受することが出来ます。キュヴェ Vといえば、スタイルとしては全般的にインパクト系で端的な傾向にある印象ではありますが(造り手に関係なく)、この2009年は充実した果実感とたっぷりの旨味が一体化し、それに負けないだけの酸がうまく両立してくれているので、美味しさと良質さの両方をうまく楽しめる世界観だと言えます。

抜栓日の魅力がその後安定して継続し、3日目になっても変わることなくしっかりバランスしてくれているので、日常で飲むアイテムとしては非常に高い満足感を与えてくれそうです。市場の価格帯にやや幅はありますが、2k円レンジで購入出来るオー・ボン・クリマとしてはかなりコストパフォーマンスが高く、相対的にエスポワールの印象が良かったとは違い、赤に関してはキュヴェ Vの方をよりお薦めしたいところです。
(2013/04)

参考市場価格:2,200円~4,200円(平均約2,856円)
点数評価:--

ホーム > アメリカ > カリフォルニア > サンタ・バーバラ・カウンティ ピノ・ノワール ロス・アラモス・ヴィンヤード キュヴェ V
Home > U.S.A. > California > Santa Barbara County Pinot Noir Los Alamos Vineyard Cuvée V