楽天市場「キャンティ・クラッシコ」
楽天市場「山崎ワイナリー」
楽天市場「オレゴンワイン」
------
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」

- Good Quality -

2009 Santa Barbara County Pinot Noir Espoir
Au Bon Climat Winery生産者ワインリスト

Santa Barbara County Chardonnay Espoir

フランス語で「希望」という意味の「エスポワール」と名付けられたこのワイン(実際は「ベスト・ブライダル」のラベルの上に「エスポワール」の文字が張りつけられている)。使用されるのはル・ボン・クリマ、エル・カミーノ、ロス・アラモス・ヴィンヤードのピノ・ノワールです。これまで、最も手頃な価格帯に位置していた「サンタ・バーバラ・カウンティ」よりも下のレンジに位置しているので、そのコストパフォーマンスは非常に高いものとなっています。

おなじエスポワールのシャルドネと比較すると、やや構造全体の締まりのなさやミネラル感の不足などが気になる傾向にあり、糖度と収斂感がより際立つ印象です。シンプルな構成ながらも出来ることをしっかりしているのは間違いありませんが、各要素間の総量にばらつきがあるようにも感じます。ただ、バランスそのものは良好で、日が経つごとに適度な力が抜けて良い方向に表情が変化していくので、長い目でみた場合はそう悪くないのかもしれません。今回は抜栓後に4日程時間をとって様子を伺ってみましたが、最終的にはかなりポジティブな昇華感と表情を見せてくれたので、あまり焦らずじっくりと向き合う方がベターだと思います。

相対的にはシャルドネの方がおすすめですが、2k円レンジで購入出来るオー・ボン・クリマ、そしてまだファースト・ヴィンテージだということを考えると、内容的には概ね合格だとも言えるのでひとまず今後に期待したいところではあります。
(2013/04)

参考市場価格:1,580円~2,584円(平均約2,016円)
点数評価:--

ホーム > アメリカ > カリフォルニア > サンタ・バーバラ・カウンティ ピノ・ノワール エスポワール
Home > U.S.A. > California > Santa Barbara County Chardonnay Espoir