楽天市場「グレイス」
楽天市場「サトウ・ワインズ」
楽天市場「サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ」
------
進化と発展を続ける「日本ワイン」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」
樽使いの魔術師「ヴィルマール」
ワシントンの雄「Kヴィントナーズ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」

- Good Quality -

2010 Santa Barbara County Chardonnay Los Alamos Vineyard Cuvée V
Au Bon Climat Winery生産者ワインリスト

Santa Barbara County Chardonnay Los Alamos Vineyard Cuvée V

オー・ボン・クリマの原点とも言える「ロス・アラモス・ヴィンヤード(95%)」と、「ル・ボン・クリマ・ヴィンヤード(5%)」をブレンドした、「ヒストリカル・コレクション」と呼ばれるアイテムがこの「キュヴェ V」となっています。基本的にはカレラキュヴェ Vと同じで、インポーターのヴィノラムによるプライベートブランドというカテゴリーに位置しています(他にもアンペリデやアルフォンス・メロにもキュヴェ Vを造ってもらっている)。

エスポワールと比較すると、各要素の表情間に明確なコントラストがあり、良くも悪くもしっかりとした主張を感じます。抜栓日は樽風味がやや前に出て、酸や果実系の甘味も感じられますが、相対的に前年の2009年よりは落ち着いている印象です(瓶熟期間を長めにとった効果が多少はあるのかも?)。

予想通り、日を持ち越すことで余計な要素が解れ、不要な樽風味がなくなっていくとともに、本質的な質実さが表出します。それでも果実味がやや残る傾向にはありますが、兼ね備えた素性そのものはそう悪くないと思います。ただ、他の造り手のキュヴェ Vにも共通していますが、「得るものがあれば失うものもある」といったスタンスがベースにあるので、手放しに喜んで良いかどうかについてはやや疑問が残ります。エネルギー総量はキュヴェ Vに譲るものの、無理のない歩調でバランスよく広がるエスポワールの方が、個人的には扱いやすい印象を受けます(価格も含め)。
(2013/04)

参考市場価格:2,380円~2,730円(平均約2,613円)
点数評価:--

ホーム > アメリカ > カリフォルニア > サンタ・バーバラ・カウンティ シャルドネ ロス・アラモス・ヴィンヤード キュヴェ V
Home > U.S.A. > California > Santa Barbara County Chardonnay Los Alamos Vineyard Cuvée V