楽天市場「グレイス」
楽天市場「サトウ・ワインズ」
楽天市場「サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ」
------
進化と発展を続ける「日本ワイン」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」
樽使いの魔術師「ヴィルマール」
ワシントンの雄「Kヴィントナーズ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」

- Good Quality -

N.V. Sparkling Chardonnay Pinot Noir Méthode Champenoise
Trevor Jones生産者ワインリスト

Sparkling Chardonnay Pinot Noir Méthode Champenoise

デイリーレンジの最強格白ワイン「ヴァージン・シャルドネ」 を造る「トレヴァー・ジョーンズ」が、極少量のみ生産する瓶内二次発酵方式のスパークリング・ワインです。ちなみに、セパージュはシャルドネ70%、ピノ・ノワール30%となっています。

体躯中央の仄丸い柔らかさと、そこから立ちのぼる明確かつしっかりした酸が印象的で、ピノ・ノワールのブレンド効果なのか、酸が単調な鋭さに変化せず仄かなフラワリーさを持つ表情へと昇華してくれるので、終始素直に飲み進めることが出来ます。

瓶内二次発酵で造られる非常に質実なアイテムではありますが、単純に伝統産地(=シャンパーニュ)の代替といったポジションにあるのではなく、あくまでもオーストラリアらしい果実力とトレヴァー・ジョーンズの手腕を絡めてをうまく泡に仕立てたといった指向性を感じるので、純粋に「白ワイン」として捉えた場合においても非常に高い満足感が得られると思います。

中身以外の部分でいくつか気になる点があるのですが、まずは予想以上にガス圧が強く、留め金を外しただけで勢いよくコルクが吹っ飛ぶほどだったので抜栓時には注意が必要です。そして、ボトルの形状に多少問題があるのか、シャンパンストッパーが使用できないので(しっかりフィットしないのでそのままではガスが抜ける)、翌日以降に持ち越す場合は何らかの工夫が必要になります。少量生産ということもあってか、あまり気軽に買える価格帯ではないのも惜しいところで、比較対象がシャンパーニュであれば高いコストパフォーマンスを発揮しているとも言えますが、もう少し気軽に飲みたい雰囲気を持っているので、出来れば3k円を切るぐらいのレンジに落ち着いて欲しいところです。
(2009/12)

参考市場価格:3,500円~3,969円(平均約3,747円)
点数評価:--

ホーム > オーストラリア > スパークリング シャルドネ ピノ・ノワール
Home > Australia > Sparkling Chardonnay Pinot Noir Méthode Champenoise