楽天市場「大沢ワインズ」
楽天市場「ヴォドピーヴェッツ」
楽天市場「ジダリッチ」
------
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
特別特集「モレ・サン・ドニ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」
樽使いの魔術師「ヴィルマール」

N.V. Le Canon
S.A.R.L. La Grande Colline

Le Canon

ローヌの自然派ということだけでなく、日本人の「大岡弘武氏」が手がけるということでも有名な「ラ・グランド・コリーヌ」のスタンダード・アイテム「ル・カノン」です。VDTなので基本はノン・ヴィンテージですが、今回の中身はグレート・ヴィンテージと言われる2005年になっています。

一般の評価も高く、話題にもなっているので実際の中身が気になるところですが、フレッシュ系のピチピチ感や丸い果実味があり、自然派らしい優しい表情を生み出してはいるものの、全体的にかなりこぢんまりとしていて、程々に漂うビオ臭や籠った湿気の陰鬱さからくる要素がすべての足を引っ張ります。そしてそれ以上に気になるのが、絶対的なコアが欠落している力なき姿で、外郭を残して主要な要素がすべて抜け落ちたような印象すら受けます(まるで軽く風味のついた水のよう…)。

翌日以降に持ち越すことで、多少なりとも力が戻ってくる傾向にありましたが(もしかすると極度の還元状態!?)、それでもやはり「実験中の未完成ワイン」といった印象が全体を支配しているので、残念ながら「普通に飲める」という以上のものは得られませんでした。

世の高評価を考えると、今回の1本は「超ハズレボトル」だった可能性もありますが、仮にそうだとしても「あり得ないほどムラがある」という結果につながるので、価格的な面を考慮しても、残念ながら積極的にお勧めできる理由が見つかりません。
(2007/07)

参考市場価格:1,995円~2,310円(平均約2,174円)
点数評価:90/91(RWG)

ホーム > フランス > ヴァン・ド・ターブル > ル・カノン
Home > France > Vin de Table > Le Canon