楽天市場「大沢ワインズ」
楽天市場「ロゼワイン」
楽天市場「ホルヘ・オルドネス」
------
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
特別特集「モレ・サン・ドニ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」
樽使いの魔術師「ヴィルマール」

- Recommended -

1989 Château Guiraud
Château Guiraud

Château Guiraud

ソーテルヌでは最大の規模を誇るシャトーのひとつで、植樹された区画だけでも84haの広さになります。1981年にカナダ人のハミルトン・ナービイがシャトーを購入後、様々な改革を経てトップシャトーの仲間入りを果たします。セパージュはセミヨン65%、ソーヴィニヨン・ブラン35%となっており、ソーヴィニヨン・ブランが多くブレンドされるという特徴があります。

1994年に試飲したパーカーは、このヴィンテージのギローを「ちぐはぐだ」と酷評していますが(それでもなぜかこの年のベストワインに選ばれている…)、15年以上経過した現状ですらまだ若々しく、徐々に複雑さを兼ね備えてきてはいるものの、まだまだこれからが本番といった感じで今後10年以上は悠に成長していきそうな印象となっています。

確かに「官能的な甘味」や「懐を感じる大きな余韻」を楽しむようなスタイルではありませんが、全編にわたって高貴な酸が全体をグッと引き締め、ブレのない端整な容姿をしっかり飲み手に伝えてくれます。総じて甘さに負けない質実さを兼ね備えているので、甘口系が苦手な人でも楽しめる内容になっていると言えます。

パーカーの評価とは異なり、ベタンヌ&ドゥソーヴの評価は9/10で卓越したワインとなっているので、現在の市場価格やこれからの成長度合いを考慮すると、比較的お買い得度の高いソーテルヌと言えるのではないでしょうか。
(2005/04)

参考市場価格:7,280円~8,500円(平均約7,798円)
点数評価:86(WA)

ホーム > フランス > ボルドー > バルサック - ソーテルヌ > シャトー・ギロー
Home > France > Bordeaux > Barsac - Sauternes > Château Guiraud